サイトマップ

オーガニックについて

Subpages for お店イロイロ:

カフェ

オーガニックに関する健康ブームは、ついにはカフェ業界まで進出してきました。
街中に出ると、ちょっとした休憩時間などにカフェを利用するOLさんや学生さんなどが増えてきました。

今や都会の生活には欠かせないスポットのひとつでもありますが、それだけ頻繁に利用する場所だからこそ、健康的なドリンクを飲めるカフェが需要を高めてきております。

いわゆる「オーガニックカフェ」と呼ばれるところです。オーガニックカフェの場合は、例えばカフェの代名詞とも言えるコーヒーなどに使用されるコーヒー豆、この豆そのものの素材を、有機栽培された安全な成分を利用して作っているものを提供しています。

やはりコーヒー豆も、通常は化学肥料などを使用して害虫から食べられるのを守られて栽培されているのですが、それらの化学肥料を一切使わずに栽培されている豆で作ったコーヒーを、オーガニックコーヒーと言います。
このオーガニックコーヒーを求めて、わざわざそれが提供されているカフェに来る人も増加しています。

特に驚きなのは、オーガニックコーヒーであるかどうかを認めるための公認団体まで設立されています。特にコーヒーはもともと日本の飲み物では無いので、この公認団体は世界中に存在すると言われています。

オーガニックコーヒーであるかどうかの基準には、オーガニック野菜である事の基準と同様、栽培している土壌で、最低でも3年間は一切農薬などの化学肥料を使用していない事がひとつとして挙げられています。

しかしコーヒーと言うものは、今や世界中で1日に20億杯も飲まれていると言われている程の国際的大人気製品です。おそらくコーヒー程世界中で愛されている食料品はなかなか無いでしょう。

ただこれだけの量のコーヒーが飲まれているわけですから、今後どんどん健康意欲が世界中で高まっていった時に、当然それに伴ってオーガニックコーヒーの需要も上がるでしょう。
そうなった時に生産者側は非常に大変だと思います。

私達が日常で何気なく飲んでいるコーヒーですが、もしオーガニックコーヒーを飲む機会があれば、そのコーヒーは、農家の人々の弛まぬ努力によって栽培された事に感謝をするべきかもしれません。