サイトマップ

オーガニックについて

手作り香水

安心・安全な香水って?

オーガニック香水とは 市販されている香水などは香りがよく長持ちしますが、自分で中身を確認しながらブレンドして作る「オーガニック香水」も楽しいものです。
また市販の香水の場合、やや香りが強い傾向もありますので、自分ぼ好みに調整できる「オーガニック香水」なら、きっと納得できるよいものができるのではないでしょうか。

オーガニック香水ってどうやって作るの?

 

自分で原料をチェックして購入し、それをブレンドすれば、簡単にオリジナルのオーガニック香水を楽しむことができます。
コツはエッセンシャルオイル選びがすべて!
海外の製品の場合は、以前に触れたような、オーガニック認定基準にあったエッセンシャルオイルをチョイスすれば、これを使って簡単にオリジナルのオーガニック香水を楽しむことができるんですね。

オーガニック香水の簡単レシピ

 

なんといってもまず、オーガニックエッセンシャルオイルというものが必要です。
オーガニックエッセンシャルオイルとは、有機農法で栽培された植物から蒸留したもので、商品になるまでの加工のすべての段階で、添加物をまったく加えないエッセンシャルオイルのこと。
選び方としては世界の認定基準のマークがあるかどうかを確認して購入すればOKです。

用意するのはこの①オーガニックエッセンシャルオイルを数種類②遮光になった保存のための小瓶③無水エタノール、たったこれだけのアイテム。
これらを使ってまず行うのは、①「ベースノート」のオーガニックエッセンシャルオイルを遮光瓶に数滴入れ②「ミドルノート」の別のオーガニックエッセンシャルオイルを数滴③香りを確認してさらに「トップノート」のオーガニックエッセンシャルオイルを香りを確認しつつ少しずつ加え④一晩熟成させて紙に落として香りを確認するだけ。
この香りのブレンドはすべて違う香りをチョイスしてもいいですし、最初は二種類くらいから始めてもいいみたいです。これで納得のできるよい香りになったら、無水エタノールを5ml程度加え、香水を保存できる小瓶に入れます。

デリケートな人・ズボラさんはこんなのも

 

先ほど紹介したように、オーガニックエッセンシャルオイルを使えばオリジナルのオーガニック香水が簡単にできるのですが、香りに関して「ベース」とか「トップ」などよくわからない!という場合もあると思います。
ですので最初は単純に好みのオーガニックエッセンシャルオイルを単品で15滴ほど5mlの無水エタノールに混ぜるだけでもOK。
またお肌がデリケートなかたは「無水エタノールがダメ」という場合もあるので、そのような人は「ホホバオイル」で代用することもできますよ。