サイトマップ

オーガニックについて

オーガニックコットンでぬいぐるみを作ろう

オーガニックコットンは普通のコットンとは違うの?

健康意欲や食の安全性などが高まる中で何かと注目されるのがオーガニックです。
オーガニックと言えばオーガニック野菜やオーガニックコスメをイメージするでしょう。
オーガニックを名乗る為には様々な条件があり、たとえば、栽培している土地で3年以上農薬や化学肥料などが使用されていないこと、遺伝子組み換えの原材料の使用がないこと、放射線照射が行われていないこと、合成添加物の使用については制限が守って行われていることなどがあります。

この様な条件をクリアしたものだけが日本国内では国の登録機関から認定を受けることができ、指定されることでJASマークというものをつけることができます。
日本国内ではこのJASマークがオーガニックの証となるのです。

ではオーガニックコットンとは普通のコットンとどの様な違いがあるのでしょうか。
一般的にオーガニックコットンは肌に優しいと認識されているでしょう。
ですが原料の段階ではオーガニックコットンと普通のコットンに大きな違いはありません。
大きく違うのは実は私たちがコットンから受ける部分ではなくオーガニックコットンを積極的に使うことによって環境にかかる負荷が軽減されるという部分なのです。

オーガニックコットンの栽培料が増えることによって有機農地が拡大することで水質の保全や土壌汚染の抑制、二酸化炭素排出の削減が可能になります。
農薬や化学肥料が使われていないオーガニックコットンの栽培が、農薬による健康被害なども抑制することに繋がるのです。

オーガニックコットンの需要を上げる為には

オーガニックコットンの栽培量が増えることによって地球環境保護の役割があることがわかりました。
ですがやはり需要がなければ栽培量が増えることはありません。
そこでオーガニックコットンを使った製品を出来るだけ多く利用することがオーガニックコットンの栽培による環境保護に繋がるのではないでしょうか。

オーガニックコットンを使った製品は多くあります。
例えば赤ちゃんの肌着や洋服、大人の肌着や洋服、シーツや枕カバーなどのリネン、布ナプキンや布おむつなどです。
優しい肌触りや優しい色合いが様々な製品に利用することができます。

また最近注目されているのがオーガニックコットンを使ったぬいぐるみです。
ふんわりと優しい抱き心地で優しい肌触りのぬいぐるみとなっており、既にオーガニックコットンを使ったぬいぐるみとして販売されているものもあるのですが、手作りすることが出来るキットなどもあるのでハンドメイドのギフトに最適になっています。
キットであれば作り方なども詳しく説明してあるので初心者でも簡単に作ることが出来るのではないでしょうか。