サイトマップ

オーガニックについて

自家製フルーツでジュースを作ろう

酵素を取り入れることが出来る自家製フルーツジュース

酵素と聞いてイメージするのは消化酵素などでしょうか。
実はこれ以外にも多くの種類の酵素があり、洗剤などに含まれる汚れを落とす効果がある酵素から味噌や納豆などに含まれる食物酵素までかぞえきれないほどの酵素があります。
人が取り入れるべき酵素は大きくわけて3種類あり、まず体内にある消化酵素と代謝酵素の2つ、そして最後に食物に含まれる食物酵素となっています。

消化酵素は名前の通り食べたものを体が九州しやすい様に消化する為に必要なものであり、アミラーゼやプロアテーゼ、リパーゼなどがあります。
代謝酵素は栄養素がエネルギーに変換されたら、それを体内で働かせるという役割があります。
人間の生命活動において欠かせない存在となっているのです。
そしてこの消化酵素を増やし、働きを活性化させることが出来るのが食物酵素です。

食物酵素は生の野菜やフルーツなどに多く含まれており、例えば酢豚にパイナップルが入っていますが、これは豚肉の脂肪分を分解する働きを持つシステインプロテアーゼという酵素がパイナップルに含まれているのでこういった組み合わせになっているのです。
焼き魚に大根おろしがついているのも大根に含まれているジアスターゼと呼ばれる酵素がタンパク質に効果を発揮するからです。

こういった組み合わせで摂取するのもよいのですが、普段から積極的に酵素を取り入れることで美容や健康を維持することに繋がります。
そこで自家製のフルーツジュースを作って酵素を取り入れていきましょう。
また酵素を取り入れるだけではなく習慣化することで様々な美容効果や健康効果を得ることが出来ます。

フルーツジュースの作り方を覚えよう

自家製フルーツジュースを作って酵素を積極的に取り入れたいのであれば、やはり材料にこだわることも必要です。
基本的に生のままジューサーなどで攪拌するので無農薬などオーガニックのものを使用することをおすすめします。
どうしてもオーガニックのフルーツが手に入らない場合には流水でしっかりと洗い、重曹を使うと農薬をある程度落とすことが出来ます。

まずはパイナップルジュースです。
材料はパイナップル100g・りんご1/2個・飲料水100mlとなります。
全ての材料をジューサーで攪拌して完成です。
パイナップルジュースには酵素を取り入れることが出来る効果だけではなく、便秘の解消やリラックス効果などもあります。

次はキウイジュースです。
材料はキウイ1個・牛乳150ml・はちみつ適量となります。
これも全ての材料をジューサーで攪拌して完成です。
美肌作りや動脈硬化予防、腎臓機能の向上などに効果があります。

そして最後に桃ジュースです。
材料は桃1個・豆乳200ml・はちみつ適量です。
ジューサーで攪拌して完成です。
便秘解消効果や美肌効果、高血圧の予防や疲労回復効果があります。