サイトマップ

オーガニックについて

オーガニックファンデーションの作り方

毎日使うものだからこそ拘りたいファンデーション

ファンデーションとは英語で土台という意味であり、一般的にはファンデーションと聞くとお化粧をイメージします。
ファンデーションを塗ることでポイントメイクなどをしやすくしたり、肌を外部の刺激から守ったり、余分な皮脂を吸収したり、メリットは多くあります。
とは言っても正しい使い方をしなければ毛穴を詰まらせてしまったり、肌に負担をかけてしまうことにも繋がります。
ファンデーションはメイク土台をなり、主役になることはないのですが、使い方や選び方を間違えることによって肌の大敵になってしまう可能性があるのです。

そして気をつけたいのが市販されている多くのファンデーションには防腐剤が使用されており、よく使用されている防腐剤と言えばパラベンです。
パラベンと聞くと何となく肌に悪いものと思う人もいるでしょう。
また普段からパラベンが入っていない化粧品を選んでいるという人も少なくはないのではないでしょうか。

ドラッグストアなどの化粧品コーナーなどに行くとナチュラルコスメ、オーガニックコスメなど、防腐剤不使用と言ったファンデーションが多く販売されているので女性の関心が高いことがわかります。
ですが、本当にこれらの商品は安全なのかという点で不安になる人もいるのではないでしょうか。
もしかしたら名前を変えて何か別のものが入っているかもしれないと不安になることもあります。
こういった場合には自分でオーガニックファンデーションを手作りしてみてはいかがでしょうか。

オーガニックファンデーションは簡単に作れる

手作りにオーガニックファンデーションは粉状のミネラルファンデーションを使用してクリームタイプのファンデーションを作るものです。
材料はミネラルファンデーション1g・ミツロウ2g・オイル10mlです。

もちろんミネラルファンデーションを1から作ることも可能ですが、少量しか作る必要がないのであれば既製品の方が経済的に簡単に作ることが出来ます。
ミツロウがワックスとなります。
そしてオイルはホホバオイルやスクワランなどの植物オイルを使用しましょう。

作り方はいたって簡単です。
全ての材料を混ぜ合わせて固めるだけになります。
ダマにならない様にかき混ぜましょう。
ミツロウが硬い場合には電子レンジで少しずつ加熱しながら溶かしていきます。
クリームなどを小分けできる容器に流し入れて固まったら完成です。

もちろん手作りなので保存性や機能面などは市販品に比べると劣ってしまうのですが、それでも中に何が入っているのかを手作りすることで確認することができ、長時間お化粧をしなければならない時などでも肌への負担を軽くすることが出来ます。