サイトマップ

オーガニックについて

Subpages for 私の周りのオーガニック:

野菜

先にも紹介しましたが、「オーガニック」という言葉の日本語の意味である「有機栽培」という言葉を日本国内に大きく拡散させたのは、紛れもなく野菜などの生鮮食品です。
日本国内のあらゆる場所で、今オーガニック野菜の需要は高まっています。

なぜなら野菜は、日本人が目指す健康的な食生活を送るためには絶対に欠かす事の出来ない食物であり、その野菜の素材に気を使う事は、健康を促進するためには必要不可欠だからです。

そんな野菜が育つ場所は、誰もが認識していると思いますが、畑で栽培されています。
通常は、そんな畑の中で育つ野菜が、虫食いなどの被害に遭わないために、殺虫効果のある農薬などの化学物質を使用して、その被害の防止を図っています。

しかし実際にその対策によって虫食いなどの被害を防ぎ、形としては綺麗な野菜が収穫出来たとしても、その成分には、農薬などの化学物質がたっぷり含まれているので、それが食事の際に体内に吸収されるという事を考えると恐ろしいものです。

そんな現状から打開するために生産されるようになったものが、農薬などの化学物質を一切使わない無農薬野菜、ここで言うオーガニック野菜なのです。
オーガニック野菜の台頭によって、多くの人々がオーガニック野菜に注目するようになってきました。

しかし現実問題として、これらオーガニック野菜というものは、手に入れるために様々な障害が存在します。

まず第一としては、そもそもの生産量が少ないという事がデメリットです。
安売りがモットーのスーパーなどではほとんど販売されていないので、通常の野菜の購入方法と同じように、このオーガニック野菜を手に入れる事は非常に困難です。

更に生産量が少ないという事は、需要と供給のバランスを保つために、必然的に価格が高くなる事もデメリットと言える事でしょう。

しかし本当に健康になりたいのであれば、投資は必要となってきます。
実際にオーガニック野菜と認定されるためには厳密な基準が決められており、それをクリアする事は非常に困難です。

まず最低限のラインとしては、オーガニック野菜を育てるためには、野菜の場合は2年間、果物の場合は3年間、農薬などの化学物質を一切使用していない田畑である事がオーガニックの条件になっているので、それだけ厳しい条件をくぐりぬけてきた場所で育った野菜という事を考慮すると、少しぐらい高い値段を支払う事はためらわない方が良いと思います。
むしろ長期的に考えて健康になれるのであれば、それが一番です。