サイトマップ

オーガニックについて

Subpages for 私の周りのオーガニック:

野菜

無農薬の野菜のメリット①安心・安全

もし同じお値段で、一般的な基準の範囲内の農薬を使った野菜と、オーガニックや無農薬の野菜があったらどちらを選びますか?
この答えは多分100%後者の「無農薬の野菜」ではないでしょうか。
やっぱり農薬というもの、虫がつかない、食われないようにするため、手入れをラクにするために使うものですから、虫も食べたくない野菜、ということですよね。

逆に、無農薬の野菜必ずと言っていいほどは虫食いがでたりするので、なかなか見た目的にはきれいな野菜にはなりません。
そう考えると、野菜を買うときに見た目で選ぶという風潮や値段で選ぶ風潮が間違ってるってことです。カタチの悪い虫食いのある無農薬の野菜だからこそ「安心・安全」なんですから。

無農薬の野菜のメリット②作った人が見えること

 

大型スーパーが全国にどんどん展開してしまった弊害といえば、やっぱりどこの誰が作った野菜だかわからないということ。
大型スーパーはとにかく安く商品を提供することしか考えていないので、生産者に「この値段でこれだけ作れ」と指示することもあるんだとか。
さらに通年に渡って一定の値段で商品を流通させるため、その時安く仕入れられるところから仕入れるので、いつも生産地がころころ変わるのです。

これでは生産者の顔が見えるわけないですよね。やはり無農薬の野菜は作った人が胸を張って提供しているものなので、「○○さんの野菜」ということがはっきりと分かります。
これだけでも感謝して味わえそうだと思いませんか。

無農薬の野菜のメリット③食べ物本来の味がする

最近の安さだけを売りにした野菜は野菜本来の「味・旨み」が感じられにくくなっています。
これは短期間で見栄えよく大きく安く作ることだけを考えているため、本来の味や旨みについてはそっちのけなのです。
「無農薬の野菜は味が濃い」とよくいわれますが、味が濃いのではなく本当は、野菜本来の味がするだけなんですね。

無農薬野菜と有機野菜の違いは?

よく身体に優しい野菜ということで出てくるものに無農薬野菜と有機野菜というものがありますが、何が違うのでしょうか?
この違いを簡単に説明してみましょう。
有機野菜とは農水省がさだめた、有機JAS規格適合の生産条件で作られて、認定機関で承認された野菜のことです。

葉物の野菜なら二年以上、たまねぎなどの永年作物は三年以上化学肥料や使うことが止められている農薬なしで作られていること、施設や道具にもこのようなものが混入したり飛散してないこと、遺伝子組み換えされてないこと、虫を駆除するのに農薬を使ってないことなどが規定されています。
一方、無農薬野菜は栽培している間に農薬を使っていないことが定義されているだけなので、もともと土の状態がどうであったか、去年はどうだったのか、ということは関係なく無農薬野菜と謳える、ということなんですね。

より細かな説明があるものを選ぶ

 

このような違いを比較すると、これだけでは有機野菜のほうがいいのかな?と思ってしまいますが、それについても実際に作られている無農薬野菜が長年に渡ってまったく無農薬で化学肥料もなしで、ということが確実ならそちらのほうが安心かつ安全となりますよね。
ですから単に「無農薬」と表示されているだけでなく、細かい情報がきちんと記載されているお店で商品を買うのが正解、ということではないでしょうか。