サイトマップ

オーガニックについて

Subpages for 私の周りのオーガニック:

石鹸

天然由来成分などのみを使用して生産している石鹸を、いわゆるオーガニック石鹸と言うのですが、通常石鹸にも大量の化学成分が含まれています。

例えば女性向けの洗顔固形石鹸の場合は、肌にハリや潤いを与えるために、完全なる天然由来成分ではなく、天然由来成分に化学物質を付け足して作った、いわゆる合成成分というものが基になって、ハリや潤いをもたらすという手のものは、数多く存在しております。

確かに天然由来成分も含まれているので、完全なる天然ではなく、化学物質も入ってしまっている時点でオーガニックと呼ぶ事は出来ません。

石鹸というものは、特に肌に直接的に触れるものでもありますので、それを何年、何十年と使用していくと、当然肌にもその石鹸の影響が出てきます。その結果が良くても悪くても出てくるのです。
そう考えた時に、多くの人はやはりオーガニックの石鹸を使用した方が良いと判断するでしょう。

では、オーガニック石鹸は、具体的に人の肌にどのような影響を与えるのでしょうか。
実はオーガニック石鹸には、通常の石鹸では出来ない、天然由来成分ならではの魅力があるのです。

通常の石鹸の場合は、基本的には合成物質などによって肌にハリや潤いを与えるので、中にはその合成物質にアレルギー反応を起こして、肌が荒れてしまう人も出てくるのです。通常の石鹸の場合は、そういうリスクを兼ねているのです。

しかしオーガニック石鹸の魅力は、完全に天然由来成分のみで生産している事から、肌の汚れを落とすだけではなく、肌に必要な自然の栄養素をしっかりと含む事が出来るのです。
具体的には、細胞間脂質や皮脂などは、肌のハリや潤いを保つために必要な分だけは洗い流す事なく残しておき、肌にとって有害となる毛穴の汚れなどは、天然由来成分の力でしっかりと落とす事が出来ます。

ただしオーガニック石鹸の特徴としては、一般の石鹸と比べて、やはり生産の際に手間がかかっているので、その分価格が高くなってしまう事は否めません。

また通常のドラッグストアなどではあまり手に入れる事が出来ません。
オーガニック石鹸を専門に扱っている店舗が作った、独自の販路によって生産から発注までが出来ているという状態です。
このように売る側としても、きちんと商売になるための環境を作るのにも苦労しているのです。

しかし最近オーガニック石鹸は女性を中心に大人気です。その理由はやはり本当の意味で、お肌を綺麗に、そして美しく育てていくための石鹸だからです。
お肌の毛穴の細かな汚れまできちんと落としてくれるので、まるで生まれたての赤ちゃんのような肌触りになる事が、オーガニック石鹸の宣伝文句とも言うべき事です。