サイトマップ

オーガニックについて

メリット

ここでは「オーガニック野菜」に特化して、それのメリットを紹介していきます。
おそらくオーガニック野菜に対する良い印象は人によって様々であるとは思いますが、
メリットとして知られているものは、主に3つ取り上げられています。

味が美味しい

まず1つ目が「味が抜群に美味しい」という事です。
オーガニック野菜には、土壌からの豊富なミネラル成分と、野菜本来が持つ栄養素が凝縮されており、
尚且つ農薬などの化学肥料を使用していないので野菜本来の味を引き出す事が出来るのです。

やはり化学肥料を使用する事で、野菜本来の美味しさは随分と削減されてしまいます。
オーガニック野菜は野菜本来の美味しさと共に、ミネラル成分豊富な土壌で育った事によるみずみずしさがあります。

おそらくオーガニック野菜を初めて食べるという人が10人いたら、
10人とも明らかに通常の化学肥料を使った野菜よりも美味しいと感じるでしょう。
それぐらいオーガニック野菜は明らかに通常の野菜とは違うのです。

栄養価が高い

そして2つ目は「栄養価が非常に高い」という事です。
先にもお伝えしましたが、オーガニック野菜には人に不足しがちな豊富な栄養素を含んでいる事が特徴的です。

特にオーガニック野菜には「抗酸化物質」というものが豊富に含まれていると言われています。
オーガニック野菜には農薬などを使用していないので、害虫などから身を守るために、
野菜自身が抗酸化作用のある成分を多く生成すると言われているのです。

そしてこの抗酸化物質は、実は人間の体内に非常に有効的な働きをし、
「老化」や「疾病」などを防ぐ効果があると言われているのです。

これは実際の研究で判明して事で、オーガニック野菜には、
通常の野菜よりも抗酸化物質が65%多く含まれているという事が分かっています。
オーガニック野菜には、人体の成長に欠かせない豊富な栄養素だけではなく、
病気から体を守るための成分も豊富に含まれているというまさに一石二鳥の効果が約束されているのです。

安全性が高い

そして3つ目には「安全性が非常に高い」という事です。
オーガニック野菜として国から認められるためには、
その野菜が育つ土壌において少なくとも3年間は農薬などの化学肥料を一切使用していない事が条件とされています。

そのため微量の農薬が含まれている可能性が極めて低いので、
正真正銘のオーガニック野菜が生産される事が約束されているのです。
これは国が定めた基準なので、消費者である私達は安心してオーガニック野菜だと認める事が出来るのです。
やはり食に関する最も重要な項目は、日本が誇る「安全性」なのです。