サイトマップ

オーガニックについて

デメリット

「オーガニック野菜」は豊富な栄養素やミネラル成分が含まれている事で知られていますが、
デメリットと言われるものも存在します。

値段が高め

その1つとして言われているのが「値段の高さ」です。
既にご存知の方も多いとは思いますが、オーガニック野菜を購入する時には、
通常の農薬が使用されている野菜よりも、約3割ほど高い値段で販売されている事が特徴です。

値段が高くなってしまう要因としては、オーガニック野菜の場合、
どうしても生産の際に手間と時間がかかってしまうという点と、生産数そのものが少ないため、
需要と供給のバランスを整えるために、どうしても値段を高くしなければ商売にならないという点が挙げられます。

しかし発想の転換をすると、約3割高い値段を支払う事で、健康的な野菜が購入出来るので、
値段よりも健康の方が重要だと考える人にとっては、むしろお得と捉える事が出来るでしょう。
言わばこの約3割の増加は、人体の健康を約束する「保険料」のようなものです。

偽オーガニックに注意

そしてデメリットの2つ目には、「中には無農薬では無い虚偽のオーガニック野菜も存在している」という事です。
オーガニック野菜というものは、国の基準を通過した安全性の高い野菜の事ですが、
オーガニック野菜の拡散と共に、いわゆる偽物が登場している点は否めません。
この偽物と本物を見極めるためのポイントは、
本物のオーガニック野菜にしかつけられる事のない「JASマーク」があるかどうかです。

JASマークがついていない野菜は、必然的に国の基準を満たしていない野菜であると判断する事が出来るので、
本当にオーガニック野菜を手に入れるためには、
最低限のオーガニック野菜に関する知識を身につけておかなければ、自分が損をする事になるのです。

形が不揃い

そして3つ目には「形が不揃いである」という点が挙げられます。
農薬を使った野菜の場合は、農薬を使用する分、虫食いなどの被害を防ぐ事が出来るので、
形としては綺麗な状態で販売する事が出来ます。

しかしその一方でオーガニック野菜の場合は農薬を使用していないので、
中には虫食いが酷い商品も存在し、それらの野菜の形は随分と崩れてしまっている事があります。

野菜を購入する際に、ご自宅などで使用される場合には問題は無いとは思いますが、
形の良いオーガニック野菜を手に入れたいという方の場合は、そんなオーガニック野菜を探すのに多少苦労はすると思います。